実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください
Mission & Vision
「世の中を最適化し、豊かにする」
Optimizing the world making the world a better place
デジタルによる仕組みづくりによって、
建設業界、不動産業界、物流業界、モビリティ業界に携わる方々を支えます

We support people in the construction, real estate, logistics, and mobility industries by creating digital transformation

我々はB to B事業用駐車場プラットフォーム『at PORT(アットポート)』の運営を軸に、コネクティングポイント、データ、AIを活用し、駐車場の可能性を拡張する「不動産テック事業」、インターネット環境(6G)の進歩、車のIoTの進化、自動運転化を見据えた「モビリティインフラ事業」を推進します。

事業内容

事業用駐車場手配サービス

at PORT (アットポート)
at PORTはあらゆる事業者の需要にお応えしていることから豊富な物件データと地場ネットワークが蓄積されております。不動産業界の経験豊富なメンバーによるトラブル対応を含めたきめ細やかなワンストップサービスをご提供します。

デジタルシフト事業

『 at PORT アプリ 』(開発中)
貸主・借主の情報と取引をデジタル化する事で、情報の非対称性をディスラプト(破壊)し、有機的に結びつける事でこれまで得られなかった価値を提供します。お持ちのデバイスとアプリ1つで借りたい方は検索・見積から契約から決済まで、貸したい方は顧客管理、契約管理、物件管理まで一括で可能になる新しいインフラです。


会社概要


  • 会社名:Landit Inc.  ランディット株式会社
  • 提供サービス:at PORT(アットポート)
  • 設立年:2021年
  • 代表者:藤林 謙太
  • 本社:〒108-0014 東京都港区芝5-13-11 ザイマックス三田ビル 8F
  • 事業内容:
    B to B 事業用駐車場プラットフォーム「at PORT(アットポート)」の運営
    モビリティテック事業
    不動産テック事業

  • Mail:info@landit.co.jp
    Tel:03-6822-4474
    Fax:03-6800-2927
  • 事業内容:
    B to B 事業用駐車場プラットフォーム「at PORT(アットポート)」の運営
    モビリティテック事業
    不動産テック事業

代表挨拶

代表取締役社長 CEO 
藤林 謙太(Kenta Fujibayashi)


三菱商事株式会社にて建設機械・産業機械・自動車事業に従事、その後、株式会社産業革新機構、外資系リテール企業、IT企業を経て、2021年5月にLandit Inc.を創業


自身の事業経験を通して、明日自分がこの世からいなくなっても仕組みを通して後世に亘る価値貢献を果たしたいという想いからチームを組成、サービスを設計致しました。
グローバルで見ても不動産領域の「駐車場」におけるテクノロジー化に一定の進捗は見られるものの、根本的なDXが進んでおらず、アナログ取引主体の業界特性、情報の非対称性や多重下請構造による業務の非効率性が多く残っているのが現状です。駐車場領域は、事業用車の増加による駐停車スペースの利用者が増加する一方、自家用車の減少と駐車場の供給過多による需給のアンバランス現象という業界課題を抱えております。対象市場が大きく、多岐にわたる駐車場領域は、大きな可能性を秘める市場ながら人口減少とテクノロジーの進歩如何に関わらず、まだアナログによる取引が主体となっております。このような状況下において、ランディットは2030、2040年の世界から逆算し、駐車場に関するデジタル基盤の速やかな整備が必要であると考えております。

今後は、
  • 「at PORT」の開発とサービスの浸透を推進し、「駐停車スペース」のB to Bマッチングプラットフォームによって取引の非効率を解消し、お客様(借主・貸主双方)のコスト削減と駐車場の稼働率向上による売上向上に貢献します。
  • また、物件の借りる際の手間や物件を管理する際の工程に関して、自社では開発にコストのかかるソフトウェアを安価で提供する事で、業務の効率化にお役立ていただきたいと考えております。
  • さらに、「マッチングプラットフォーム」と「業務効率化ツール」を土台に介在するデータとネットワークを活かし、産業構造の変化に備えた“駐車場”という不動産の価値を更に向上させる不動産テック事業や、車のIoTの進化・自動運転化を見据えたデジタルインフラ事業を進めています。

これらの事業による産業の変革への貢献を通して、2040年、2050年も従業員、市場・顧客にとって空気のような存在になることを目指します。ランディットは後世の人材に将来的な不安を感じさせない未来を目指して現在20歳代のメンバーが70歳になっても働けるサステナブルなビジネスモデルとサステナブルなオペレーション体制に挑戦していきます。

Contact
お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。