「物件検索」「空車確認」「申込」「契約」「契約管理」の工程をワンストップ&オンライン化


我々は「建設、物流、モビリティ」にとって必要不可欠な「駐停車スペース」の需要者と供給者が抱える非効率をデジタルインフラを通して解消します

B to B 駐車場プラットフォーム構築に向けたステップ

Step.1
デジタイゼーション
アナログ形式→デジタル形式
電話・FAXを中心とした受発注→Webサイト・LINEなど、デジタル上での受発注による利便性の向上
Step.2
デジタライゼーション
プロセスのデジタル化(デジタルトランスフォーメーション"DX"に向けて必要不可欠)
  • 受発注アプリケーション:貸し手、借り手双方に受発注アプリを導入し、探索・確保・利用・決済に係る利便性を向上
  • 貸主様向け不動産管理アプリケーション:スペース運用に関する管理ソフトを導入し、運用に係る非効率性を解消
Step.3
デジタルトランスフォーメーション
ビジネスモデル・事業戦略のデジタル化(社会システム、産業のデジタル化)
  • 事業用駐車場関連SaaS (Software as a Service):アナログによる仲介取引をデジタル上の取引にする事で需要と供給のデータを蓄積させる仕組みを構築
  • 自動運転車両向けOS
Step.2
デジタライゼーション
プロセスのデジタル化(デジタルトランスフォーメーション"DX"に向けて必要不可欠)
  • 受発注アプリケーション:貸し手、借り手双方に受発注アプリを導入し、探索・確保・利用・決済に係る利便性を向上
  • 貸主様向け不動産管理アプリケーション:スペース運用に関する管理ソフトを導入し、運用に係る非効率性を解消

『at PORT アプリ』について

アプリで全て取引を一括サポート
開発中のアプリ「at PORT」では事業用駐車場手配に関わる、検索から契約・決済までの全ての工程をアプリまたはブラウザ上で完結することができます。

デジタル上の取引によって可能になること







<ユーザー>
現場単位や個々人で判断を任されていた属人的な業務が透明化され、人為的ミスが削減、作業時間が減少

<ユーザー>
専用ポータルサイトにログインするだけで調査依頼をかけられる為、個人でネット検索・電話で依頼していた作業時間が減少

<ユーザー>
デジタル上の受発注により、現場単位の取引・履歴が本社で確認出来るようになり、人為的ミスの減少、取引の透明性が向上

<ユーザー>
タイムリーに数件の候補の中から最適な価格で利用が可能になる為、無駄なコスト流出が減少

<ユーザー>
ユーザーによる利用実績と物件データが蓄積される為、価格の適正化と物件推奨スピードが向上

<ユーザー>
デジタル上の受発注により、現場単位の取引・履歴が本社で確認出来るようになり、人為的ミスの減少、取引の透明性が向上

<オーナー>
アナログ(電話、メール、FAX)で受注していた業務がデジタル化され、貸し手側の業務負荷(電話対応、書類作成・内容確認)が減少

<オーナー>
物件情報を提供するだけで事業者ニーズを獲得する可能性が向上(営業担当の人件費増額より安価)

<オーナー>
駐車場の収益管理など属人的なレポート業務がデジタル上で一括管理されることにより、人件費が減少

<オーナー>
保有駐車場の収益性・履歴・今後の契約状況がダッシュボードでいつでもどこでも確認可能

<オーナー>
事業者側のニーズ・ユーザー利用情報が蓄積される為、場所・価格・使用状況のデータを基に適正価格の提示・ダイナミックプライシングが導入可能

<オーナー>
駐車場の収益管理など属人的なレポート業務がデジタル上で一括管理されることにより、人件費が減少


Contact
お問い合わせ

サービスの不明点、ご質問などお気軽にご相談ください
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。